全柔連審判委員会で「新ルールの導入」について話がまとまった

 IJFから今年の1月、加盟国へ向けて審判規定の新ルール試験的導入について
通達され、日本国内では5月11・12日、福岡で開催された全日本選抜体重別柔道選手権大会で初めて取り入れて実施した。

 審判員に対して事前に研修会を行う等して徹底を図ったせいか、無難に終了したと思われる。

 国際大会に出場している日本の選手は、この新ルールで戦っているものの、試験的導入という不安定な状況下では、さらに幾つかの調整が入るのではないかと心配するあまり、国内では正式に取り入れることに若干なためらいを感じていたが、実際に福岡で取り入れてみると大きな違和感もなく、今後大きな調整や変更もないであろうとの判断から、国内でも一刻も早く新ルールの情報伝達を行い、全国的な大会でも取り入れるべきとの考えがまとまった。

 7月上旬、全日本ジュニアのブロック予選が全国的に開催される際に、A級ライセンス審判員試験とともに審判講習会が開催されるので、一気に全国に向けて発信する方向で進める。当然、全日本ジュニアでも新ルールを導入する予定だ。
[PR]
by kawaguchidojo | 2013-05-18 07:59


川口孝夫


by kawaguchidojo

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2013年 11月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 02月
2011年 11月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧